星に願いを

 

ソフィア

「友よ〜〜〜;;;;私の話を聞いてくださいまし。。

私は若い頃から夢と希望を星と共有しました。でもヒトデのルルとララが美しい思い出を台無しにしました。

カリゴン船団に行った時のこと、鋭くとがった星形の物体を見つけた私は触れようと手を伸ばしました。するとそれはグサって私を攻撃しました。

私はショックで、覚えていることと言えば泣きながら逃げたことです。

好きなものに追われて生命を脅かされたことで、(星というものに対して)ただただ動揺させられるのです。

私の失った思い出の代償をヤツらに知らしめてやってくださいな。

もし私のためにやってくれるのなら、あなたの働きにいくらかのお金をお渡ししますよ。

私:「お〜け〜」

本当ですか!?

それではカリゴン船団に行ってルルとララを30匹ずつ倒してきてくださいませ。

気を付けてね〜〜〜」

what:○○であったもの、こと「美しい思い出であったであろう、それのこと」

reach out:手を伸ばす、手を差し出す

Being chased:追われていること

upset:動揺させる

Being chased by something I love so much

大好きな何かに(よって)追われていること

 

はじめは「stars」星形のペンダントとかなにか「物」だと思ったけど

夜空の星に願いを込める系、かなとも…

「星」に対して愛着があり「星フェチ」みたいなもので星に夢や希望を共有していた。でもヒトデ(星形)に命を危険にされたモンスターのせいで、「星形恐怖症」になってしまった。

 

 

ソフィア

「ありがとーーー友よ!私の夢は台無しにされたけど、恐れずに済むわ。感謝の気持ちを受け取ってね。」